危険な蜂を早急に退治│事前の準備と対策も大切

種類で駆除方法が変わる

はち

自宅の一角に蜂の巣ができてしまうと、少しの振動で蜂が飛び出し襲われる確率が高くなるため大変危険です。凶暴なスズメバチの巣だった場合、刺されることで重篤な状態に陥る可能性が高くなるため自分で処理しないようにします。すぐに専門業者に依頼して退治してもらうことが大事です。しかし、巣自体が小さかったり蜂の種類が凶暴でない場合は、専用の殺虫剤で自分で退治することができます。蜂退治専用の殺虫剤が開発されていますが、一般的な殺虫剤で代用することも可能です。殺虫剤であれば蜂へのダメージが強く即効性も高いため、暴れる前に全ての個体を退治することができます。殺虫剤を使用する際には、防護服を着用して表面に皮膚が出ないようにすることが大事です。殺虫剤の効果が巣全体に行き渡るように、巣に被せるための大きなビニール袋を用意しておくようにします。

蜂の退治は、日が落ちた夕方から夜にかけて行うことが推奨されています。蜂は日中に働いて夜は眠る習性があるため、この時間帯は疲れて動きが鈍くなっているのです。もし、昼間に駆除作業を行ってしまうと後からどんどん働きに出ていた蜂が帰ってくるためとても危険です。嗅覚にも優れているため、強い匂いを感じるだけで続々とそこに集まってきてしまいます。強い香水をつけているだけで襲われる可能性が高くなってしまうのです。駆除作業に入る前には強い匂いを発するものを避け、体を無臭に保つようにする必要があります。その他、大声を出したり大げさに動き回ることも蜂の気分を高揚させてしまうことになります。そのため、駆除作業の際には冷静沈着な態度が求められます。

誰が駆除すべきなのか

駆除業者

基本的にハチの巣を退治するのは、巣のある場所の所有者が行います。役所で全て対応すると思っている方も多いようですが、役所がするのは公共の場所のみです。しかし、道具などを貸してくれたり、駆除業者を紹介してくれるなどのアドバイスを受けられることがあるのでまず相談してみて下さい。

More Detail

スズメバチと業者利用

ハチ

スズメバチの中でも特に凶暴なものとして、キイロスズメバチがいる。キイロスズメバチは、黄色の体で小柄であり、凶暴であることが特徴である。その為、巣を見つけた場合には個人で駆除をせず、業者に依頼しての駆除が必要である。

More Detail

完全に退治するには

ごきぶり

ゴキブリが活発に活動するのは夏ですが、他のシーズンでも活動は可能で、餌が豊富で湿った環境の台所を好みます。毒餌を設置したりゴミを処分したり外からの進入を防ぐ対策を取るようにすればかなりの確立で発生を抑えられます。

More Detail