危険な蜂を早急に退治│事前の準備と対策も大切

スズメバチと業者利用

ハチ

夏の終わりや秋になると心配になるのが、スズメバチによる被害である。スズメバチはいくつかの種類があるが、その中でも凶暴なスズメバチとして知られているのが、キイロスズメバチである。キイロスズメバチは、名前の通り体全体が黄色をしたスズメバチであり、小型であることが特徴である。また、他のスズメバチと比較した場合にも、凶暴性が高く、一度人間を襲うと執念深く襲ってくるということが特徴となっている。キイロスズメバチはその性格から、巣に誤って近付いてしまうとしつこく襲ってくるということがあり、刺される可能性も高いスズメバチである。キイロスズメバチは、屋根裏など高所へ巣をつくる性質があり、身近な場所に巣をつくられるケースも多い。

キイロスズメバチの巣を見つけた場合には、速やかに駆除することが必要である。この際、個人で行おうとしないことが重要である。個人で駆除を行なおうとする場合、刺激してしまい集団で襲われてしまう可能性が高い。特に、装備無しで駆除しようとすると命に関わる状況となりかねない。その為、キイロスズメバチの巣を発見した場合には、業者に駆除を依頼することが必要である。キイロスズメバチは、専門の業者にとっても駆除し辛いスズメバチになっている。1つの巣に数多くのスズメバチが生息しており、巣に少し近付くだけで、警戒し襲いかかってくるためである。特に昼間の駆除では、人に襲う可能性も高い。これらのことから、駆除では業者依頼が必須である。